会員限定《布袋寅泰見たい聴き隊メンバー募集!》

類い稀なセンスとギターテクニックで日本のロック、ファンキー系の音楽シーンをリードするミュージシャンの一人であり、現在ロンドン在住の布袋寅泰。イギー・ポップらとのコラボで2015年に出した初めてのインターナショナルアルバムなど、世界を舞台に活躍中であるのはファンには周知の事実です。そんな大スターのコンサートに一緒に行って盛り上がろう!ということで、JCZでは「布袋寅泰見たい聴き隊」メンバー大募集です!音楽事務所からの計らいで無料招待券を抽選で5名の方にプレゼント。また残念ながら無料チケットは当たらなかった方も、希望者の方には、JCZではオリジナル39フランのチケットを35フランで10枚準備しています。どうぞ奮ってご応募ください。もちろん自分でチケットをオーガナイズしても隊に参加は可能です。なお、この隊には編集部から一人同行いたします。

コンサート:421() 20:00

会場:Papiersaal Sihlcity, Zurich 

– – – 応募概要 – – –

応募締め切り:310()

応募先:jczedelweiss@gmail.com

応募条件:JCZ会員であること。1人につき1枚。家族会員のご家族の方は会員名を明記の上、それぞれ別々にお申し込みください。

抽選方法:編集部で責任を持って行います。応募いただいた全ての皆さんにメールにてメール受信の旨と、後日結果をお知らせいたします。(KC)

 

募集中《JCZ 3月の企画「スイスの歴史を探訪しましょう!」》

昨年の夏にリニューアルオープンしたチューリッヒの国立博物館(Landesmuseum)、もうご覧になりましたか? 

増築されたスペースに、新しく考古学展が常設されました。スイス国内で発掘された、5千年前の杭上住居民族から、ケルト民族、ローマ帝国時代、アレマン民族の頃までの、考古学上の貴重な遺跡を、最新テクノロジーを取り入れた方法で展示されていて、考古学への予備知識が無くても画期的な工夫で楽しめるようになっています。 

この考古学展示会場をガイドの坪川真吾さんが日本語で案内して下さいます。この機会に、楽しく考古学に触れてみましょう。

日時:316() 10時半より(所要約1時間半)

申込:無敵マミ jcz-kikaku-m☆gmx.ch (☆を@に変えてください)

ガイド料:会員無料、非会員20フラン

*入館料10フランは各自ご購入ください

 

会員限定《アフタヌーンカフェのお知らせ》

ファスナハトも終わって、そろそろイースターの飾りつけが街にあふれる季節。少しずつ日足が伸びていくのが感じられますね。いつものように、Jelmoliのカフェで楽しくおしゃべりをしましょう。初めての方も遠慮なくどうぞ。 

日時:39() 14:00 – 16:00 

場所:チューリッヒJelmoli 3Fのレストラン 

申込:MOOR・無敵マミ jcz-kikaku-m☆gmx.ch (☆を@にかえてください) 

次回の予定:412()511() 

*大体の参加人数を把握しておきたいので、参加される方は事前にご連絡ください。

 

 

《2017年 JCZ総会・チャリティー新年会が開催されました》

129日、Hilton Zurich Airportにて両会が無事に行われました。本田悦朗在スイス日本国大使に代わり、急遽ご出席くださった一方井克哉公使にご挨拶を頂き、大使館から贈られた日本酒で乾杯をして開会。約130名の会員の方々と、弥勒米のデモンストレーション、魅力に溢れたエンターテイメント、お食事、クイズ、トンボラを楽しみながら、JCZとして幸先のよい新年を迎えることができました。 

新年会を華やかにしてくださった「チューリッヒ日本女声合唱団」の皆様、伊藤英様、トンボラガールズの着付をしてくださったフレイ有馬千恵様、ご協力ありがとうございました。 

また、トンボラ800本は完売し、売上4005フランの全額を今年も「ハタチ基金」に送金することができました。お陰様で、トンボラは楽しんで頂けるとともに、東北の子供達のお役にも立てる意義のあるイベントになっております。これも、素晴らしい品物を景品としてご提供くださる皆様と、クジに当たる当たらないに関わらず寄付としてトンボラをお求めくださる皆様のお力があってこそです。ご協力、ありがとうございました。 

来年も皆様に楽しんでいただけるようスタッフ一同アイディアを実行して参ります。次回もどうぞご期待ください。(YH)

 

 

 

 

《伝言板 2017.3》

☆めいきょく倶楽部extra朗読講演会へのお誘い

講演:野田茂 精神科医:めざせ生涯現役 人生の実りの秋を迎えるには

朗読:Ginsig 恭子:100歳の詩人として話題になった柴田トヨさんの詩     

朗読講演後に茶話会があります

入場料10フラン

201735 ()14:00  Internationaler Lyceum Club

Rämistrase 26, 8001 Zürich

 

 

 

 

☆キルヒナー特別展日本語案内付き鑑賞会

2月のJCZ企画と同じ内容企画が、別の主催で催されます。

317() 10時半集合 チューリッヒ美術館にて

案内は、柿沼万里江さん

案内費として120フラン(JCZの企画ではありません)

入場券(バッチ)は事前に各自でご用意ください。

通常は23フランです。AHV割引き等は美術館にお尋ねください。

申込先:坪川 tsubo3@hotmail.ch

 

 

 

☆ワークショップ『動脈硬化症予防』日本食とスイスメニュー紹介

319() 14 17時 

kochevents.ch GmbH Waffenplatzstrasse 11  CH-8002 Zürich

Wegmann菜摘女(SPA公認栄養カウンセラー)

Marcel Reist (WIDDER HOTEL元料理長)

Fr. 90

申込:natsume_wegmann@gmx.ch (312)

 

 

 

☆スイス留学.com スイスサマースクール渡航同行付きツアーのお知らせ

忙しい親御様に代わり、スタッフがプログ ラム選択、申込手続き、航空券などの手配、 空港出発~到着まで参加中のお子様のお世 話を致します。日本の公立の夏休みに参加できる貴重な機 会ですので、日本にお住まいのお子様やお 知り合いなどにぜひお声がけ下さい。スイス留学.com 田山貴子www.swiss-ryugaku.com/summer-school- tour-2017

 

 

《日常ドイツ語サポートサービス》

日頃ドイツ語がわからなくて困っていることはありませんか? JCZではそういった方々のサポートを行っています。ご利用になりたい方は、いつでもメールでご連絡ください。 

申し込み先:MOOR・無敵マミ jcz-kikaku-m☆gmx.ch (☆を@に変えてください)

サポートの内容にもよりますが、10フラン程度をJCZへの寄付というかたちでお願いしています。

《予告 4月開催JCZ恒例 春の親睦会》

お待ちかねの「春の親睦会」が412()に開催されます。去年は小春日和の中、レストランの庭に咲く桜を鑑賞しながら日本料理に舌鼓を打ち、楽しいひとときを過ごすことができました。常連の方も、初めての方も、ご参加をお待ちしております。場所や時間などは次号4月号でお知らせいたしますのでお楽しみに!

 

 

 

 

 

募集中《ベルリン時代のキルヒナー展》ガイドツアー

ee9fa68661626032217a81365d6dcde1

晩年はダヴォスで過ごしたドイツ表現主義の画家、キルヒナー。アルプスの山の風物もたくさん描きました。その彼が20代で過ごしたベルリン時代の作品群が今回の展覧会のメインになっています。荒々しい筆遣いに第一次世界大戦を目前にした都市の空気も感じられると思います。今回のガイドツアーは、日曜日の開催です。おなじみ、パウル・クレー・センター研究員の柿沼万里江さんの熱い解説で、展覧会を何倍にも楽しみましょう!

日時:219() 11001200Kunsthaus入り口ロビー集合

定員:25名  参加費:会員 無料、非会員20フラン(別途 美術館の入館料、大人23フラン)

申込:ヘッデストレム桂子 jcz-kikaku-k☆gmx.ch ☆を@にかえてください

申込締切:214()

《2017JCZ総会・チャリティー新年会》写真速報

P1030801P1030690P1030687

寒さがひと段落した1月29日(日)、ヒルトンエアポートホテルにて「JCZ総会・チャリティー新年会」が開催されました。今年も沢山の人々が参加してくださり、エンターテインメント、ゲーム、豪華景品のチャリティーくじなどで賑やかに和やかに楽しい一日を過ごしました。写真で速報いたします。P1030691

 

 

 

もっと多くの写真は   続きを読む

《企画参加レポート》薬膳講習会

元気、アップしました!薬膳講習会
2016年12月の企画は薬膳講習会でした。講師に本誌のコラム「ココロとカラダ」に寄稿してくださっている、レーマン真由美さんを迎えて、Küsnachtの教会で15人ほどが集まって行われました。PCのトラブルがあり、どうなることかと思いましたが、復活。よかったです。非常に落ち着いて淀みなくお話ししてくださる内容は大変興味深く、日常的に身近な食材での ”アンimage2チエイジング” や ”むくみ” といった気になるコトへの対処法を勉強。体質診断チャートという面白いものも登場し、自分の健康状態を今一度見つめ直すことができました。残念ながら講義を聞いたあと私用でその場を後にしましたが、レーマンさんお手製の体に良い黒豆茶と、私が焼いて持っていった体にあまり良くない(!)キャラメルやチョコのケーキを囲んでの茶話会では、あら不思議!瞬間小顔マッサージの実践講習もあったようで、皆さん心踊らせお帰りになったということです。(KC)image4