《Margaritte, Dietrich, Rousseau 展ガイドツアーレポート》

去る5月16日(水)、チューリッヒ美術館で Margaritte, Dietrich, Rousseau. Visionaere Sachlichkeit展の鑑賞会が柿沼万里江さんの 解説で行われました。参加者は13人。解説がな ければそのまま通り過ぎてしまうような絵を、 その画家の生い立ちから、その絵の中にひそめら れた物語までお話ししてもらえるのが興味深かっ たです。美術学校に通っていないAdolf Dietrich に関しては、学校の枠にはまった作風とは違う

自由な発想から描かれており、少女の髪の毛・鳥の羽毛・花・牛小屋の藁など 細かくこだわりを持って描かれているのに対して、人間の顔は下手くそで無表情な皆同じ顔をしているなど、画 家個人を知らなければ理解 出来ない様な事まで解説し ていただきました。良く下 調べをした上で行ってみる 価値はあると思います。展 覧会は7月8日まで開催し ております。(K.T)