《美味しいお餅で充電完了! 書き初め・餅つき大会》

前日の雪も残る1月6日、チュー リッヒ日本人学校にて開催された「書き初め・餅つき大会」には、大人と子供合計63人が参加しました。 まずは今年もヒルトポルド・マサミ先生の丁寧なご指導のも と、新春の書き初め。今年の干支である「亥」「いのしし」の 他にも、「愛」「健康」など皆さんそれぞれ新年の想いを力強 い文字で表現されていました。 次は、恒例になりつつある井坂流津軽三味線の小喜楽の皆さ んのお三味線と太鼓に合わせて、獅子舞の登場です。子供が獅 子に頭を噛んでもらうと無病息災や学力向上のご利益があるそ うで、獅子さんもはりきって噛みまくっていました(笑)。 そして締めは、なんと14Kgの餅米を使ったお餅つき。臼と 杵でお餅をつくという経験も、特にスイスではなかなか出来る ものではありません。つきたてのお餅は柔らかく、醤油・きな 粉・お汁粉など様々な味で楽しめるので、いくらでも食べられ そう。皆さん、日本のお正月の雰囲気と 味を堪能していかれ ました。数日前から準備をしてくださった日 本人学校の先生方、お手伝いをしてく ださった方々、本当にありがとうござ いました。(CA)