投稿者「JCZ事務局」のアーカイブ

《コンサートのお知らせ — RUSSISCHE WEIHNACHT》

以前、JCZ会報のコラム「音楽の処方箋」でお伝えした親日都市ノヴォシビルスク等から、東欧正教会のクリスマスを祝いに音楽家達がチューリッヒに集まります。指揮者のフェドセーエフはチューリッヒ歌劇場常連の世界的指揮者なので、ご存知の方も多いかもしれません。「ロシアの祭りは音楽無しで祝われることはない」と言います。チューリッヒにいながらにして、ロシアの祝日を音楽を通して体験してみませんか?  中 東生

2018年1月6日(土) 19:30, 7日(日) 15:30, 18:00
Kirche St. Peter, Zürich
詳細は www.musikkollegium.ch

《2018年 JCZ総会・新年会のお知らせ!》

2018年 JCZ
総会・チャリティー新年会

2018 年1月28日(日) Hilton Zurich Airport
開場 10:30、総会・新年会 11:30~

今回も東日本大震災で被災した子供達を援助するハタチ基金 (www.hatachikikin.ch)へのチャリティートンボラを行います。 皆様の温かいご支援をお待ちしております。今回のエンターテイメ ントでは、スイス人ヴァイオリニストのSebastian Bohrenさん<www.sebastianbohren.ch>の演奏、そしてBackstage Studio<www.backstagestudio.ch>からはタップダンサーたちのご 機嫌なダンスを披露していただきます。楽しみですね。年明けに案内状・申込書をお送りいたしますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みく ださい。

*景品寄贈ご希望の方は、 JCZ青砥、または事務局までご連絡ください。
jczedelweiss☆gmail.com
zrhnihonjinkai☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)

《Kunsthaus 『フランス絵画 1820年ー1880年 展』ガイドツアーのお知らせ》

落ちこぼれ扱いだったロマン主義、写実主義、自然主義の作品が徐々に既存の価値観を揺さぶり、現在の高い評価を得るまでの過程で起こる美の多様性。今回はスイス初、19世紀フランス絵画の多様な「主義(イズム)」の作品を一挙に集めた展覧会です。パウル・クレー・センター研究員の柿沼万里江さんの解説で、展覧会を十二分に味わいましょう。P6のコラム「美のプラズマ」もご参照ください。

© Roland zh/Wikimedia

© Roland zh/Wikimedia

日時:12月13日(水) 10:20 Kunsthaus Zürich 入口ロビー集合
ガイドツアー 10:30~12:00
参加費:会員 / 無料、非会員 / 20フラン
(いずれも美術館の入館料 大人23フランが別途必要)
申込:ヘッデストレム桂子
jcz-kikaku-k☆gmx.ch (☆を@に変えてください)
締切:12月10日(日)
*定員がありますのでお申し込みはお早めに。

《JCZスタッフ募集!》

JCZでは、企画や会報編集のお手伝い をしてくださる方を募集しています。 ご興味のある方、是非ご連絡ください!

《企画》zrhnihonjinkai☆hotmail.co.jp
《編集》jczedelweiss☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

《バザーへのご協力、ありがとうございました。》

11月初めに開催されたKüsnachtの教会での バザーは、今年も盛況に終わりました。多く の方たちのご協力を得て、JCZ会員有志の方 たちのブースは、和食や手作り小物などで毎 年大人気ですが、今年も1.500フラン強の寄 付を教会に収めることができました。教会で はこの売上金を様々なチャリティーへ寄贈しています。バザーに準備・参加のみなさん、お疲れ様でした。開催中お買い物に来てくださった方たちも、ありがとうございました。

《日常ドイツ語サポートサービス》

日ごろドイツ語がわからなくて困っ ていることはありませんか? JCZでは、そういった方々のサポートを行っています。ご利用になりたい方は、いつでもメールでご連絡ください。

申込み先:JCZ事務局
zrhnihonjinkai☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)

*サポートの内容にもよりますが、 10フラン程度をJCZへの寄付というかたちでお願いしています。

《アフタヌーンカフェのお知らせ》

クリスマスのイルミ ネーションで暗い冬 も気分が明るくなります。クリスマスマーケットめぐりも楽し いですね。街に出たついでにおしゃべりしませんか。どなたでもどうぞ。

日時:12月14日(木)14:00 -16:00
場所:チューリッヒJelmoli 3Fのレストラン
申込: ヘッデストレム桂子
jcz-kikaku-k☆gmx.ch
(☆を@に変えてください)

次回の予定:1月はお休み、2月8日(木)
✳︎大体の参加人数を把握しておきたいので、 参加される方は事前にご連絡ください。

寒い季節に熱いテニス!《オープンテニスデー》

11月19日にミランディアで行なわれたオープンテニスデーは、16名の参加者で大いに盛り上がりました。

企画参加レポート《新発見!ベルン散策ツアー》

我らがスイ スの首都、世 界遺産、熊の マ-ク・・・。 10月18日、 ガイドの坪川 さん引率のも とベルン市内 散策へ行って きました。今回は嬉しいことにベルン日本人会の方々もご一緒してくださいま した。大人14人子供5人の総勢19人の私達一行は、まるで散策 用に注文したかのような良いお天気の下、縦に横に伸び縮みしな がらベルンの街を歩きました。

熊公園、バラ園下、チョコレート工場、そしてそこここでチ- ズの匂いが強く漂う旧市街で、デコボコの石畳に足を取られそう になりながら、逆流する下水、今も現役の昔のトイレ、以前はワ イン蔵だったという地下の店、ア-ケ-ド街、噴水の像、時計台、 アインシュタインが住んでいた家、などを巡りながら、ガイドの坪川さんが次々と語る話のその面白いこと。個人 的にはやはり熊にまつわる話が一番興味深かったです。ベルンの 熊がヨ-ロッパ全体の安寧のシンボルとは知りませんでした。噴 水の像は子供達に大受け。何の境目も無い路上から急に水が噴き 出てくるのですから驚きです。

散策の後はレストラン Le Mazot でお昼を頂き、日本広報文化 センターへと移動しました。周りの木々は紅葉の盛り。センタ- 内の日本のパネルや各地の資料を見つつ、それぞれのお国自慢に 花が咲きました。予定はここまででしたが名残惜しく、ベルン在 住の方々お勧めのカフェでおしゃべりとコ-ヒ-を楽しみ、次の お約束をしてお別れしました。坪川 さん、参加してく ださった皆さん、 そして盛り上げて くれた子供達、充 実した秋の一日を ありがとうござい ました。(NF)

《大使館からのお知らせ》2017.12

◆ 領事サービス向上・改善のためのアンケート調査

当館では、管轄地域内にお住まいの皆様から、毎年領事サービス に対する評価、御意見、御要望をお伺いし、領事サービスの向上 と改善に取り組んでおります。御多忙中誠に恐縮ですが、11月30 日までに以下のURLよりアンケートへの御協力をお願い致します。 www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/servicequestionnaire.html

◆ 領事出張サービス(大使館HP:www.ch.emb-japan.go.jp) 取扱いができる各種手続き、利用方法などについては、ホームペー ジをご覧頂くか、直接お問い合わせ下さい。

日時:12月16日(土) 10 : 00~12 : 00, 13 : 00~15 : 00
会場:チューリッヒ日本人学校 2階音楽室内
Florastrasse 18a, 8610 Uster