投稿者「JCZ事務局」のアーカイブ

《スイス日本同好会主催・Baden フランス印象派絵画展のご案内》

Badenのラングマット美術館にて、「フランス印象派絵画展」  http://www.langmatt.ch/ausstellungen/gegenlicht-meisterwerke-des-franzoesischen-impressionismusの鑑賞会があります。案内は柿沼万里江さんです。

日時:2018年12月9日(日)14時から
入館費:一人12フラン (グループは、10フラン)
参加費:会員の方は5フラン(JCZの会員の方も会員価格で参加可能)一般は20フラン
申込先:スイス日本同好会の鈴木理香会長
suzukirikaoutlook.com (☆を@に変えてください)

《バーゼル日本人会主催・バーゼル市立美術館「特別展フュスリ展」鑑賞会のお知らせ》

柿沼万里江さん(美術史研究員)による日本語での案内

日 時:2018年12月2日(日)13:15~(集合13:00)
場 所:バーゼル市立美術館(Kunstmuseum Basel)
Fondation de l’Hermitage  (St. Alban-Graben 8, CH-4010 Basel) https://kunstmuseumbasel.ch

入館料:大人(20 歳以上)26 フラン(AHV 割引はありません。各自ご購入ください)13~19 歳 8 フラン、20~30 歳の学生 13 フラン
ミューゼアムパス有効
(参加者数が十分であれば、団体割引料金 18 CHF になります。)
参加費: 会員 5 フラン(JCZの会員の方も会員価格で参加可能)、
非会員 15フラン
申込先:11月20日までに jcz-kikaku-kgmx.ch
(☆を@に変えてください)学生証、ミューゼアムパスの有無もご連絡ください。

※展覧会の詳細はこちらの添付ファイルをご覧ください。
Fuessli

《9月26日ドローネ展鑑賞会 @チューリッヒ・クンストハウス参加感想文》

絵を観るとはどういうことなんだ ろう。柿沼さんの解説を聞くと、 自分は絵をちゃんと観ていないと 思い知らされる。前以て見た場合 は特に、自分が何も見ていなかっ たと愕然とする。見たはずなのに、 見えていない。今回も然り。説明 されないと、ここにもあそこにもエッフェル塔が隠れているとは気づかない。ここに凱旋門が、あ そこにセーヌ川が、言われてみると、紛れもない凱旋門やセーヌ 川だ。どうして、気付かないんだろう。絵だけじゃなく、色んな ことが見えてなくて、人生損してたのかも。ことほど左様に、柿 沼さんの解説は驚きと発見の連続だ。しかも深い。へえ、へえ、 と驚いてる内に、時が経ってしまう。いつでも何処でも柿沼さん の解説を聞きたくなる。鑑賞会を逃す手はない。
ドローネは律儀にも終生一つのテーマを追求し続け、純粋の絵画に 到達しようとした。55歳で亡くなる前に既に成功した画家として 認められ、デザイナーの妻もいて、幸せな生涯だったろう。アポリ ネールがオルフィスムと称賛したように、 彼の美しい色彩は見るだけで幸せな気分にし てくれる。かねがね私は、美しい絵は音楽を 感じさせ、美しい調べは色彩を感じさせると 思っていたが、畏れ多くもアポリネールも同 じことを言ってたんだ。依存症になるほどい つも素晴らしい解説をして下さる柿沼さん、 企画して下さった桂子さん・直子さん、一緒 に回って下さった皆様、楽しい時間を有難う ございました。未参加の方、人生損してるか も。次回は是非!決して後悔しません!(M)

《アフタヌーンカフェのお知らせ》

イースターも過ぎるといよいよ春が やってくる感じがしますね。チューリッヒ 市の花のお祭りゼクセロイテンも目前で す。いつものようにJelmoliのカフェでおしゃべりしましょう。どなたでもどうぞ。

日時:4月12 日(木) 14:00 -16:00
場所:チューリッヒJelmoli 3Fのレストラン
申込:ヘッデストレム桂子
次回の予定:5月17日(木)・6月14日(木)

*大体の参加人数を把握しておきたいので、 参加される方は事前にご連絡ください。

《スイス日本協会映画会のお知らせ》

GINMAKU映画祭まではまだしばらくあり ますが、一足先にこちらでも日本の映画をお楽しみいただけます!

タイトル:禅 ZEN(2008年)128分、
日本語(英語字幕) 
監督
:高橋伴明
主演:中村勘太郎
内容:曹洞宗の開祖、道元禅師の生涯を描く歴史ロマンで、大谷哲夫の「永平の風道元の生涯」を原作としています。 

日時:4月15日(日) 11時 (10時45分開場)
会場:Filmpodium der Stadt Zürich, Nüschelerstrasse11, 8001 Zürich
入場無料

《伝言版》2018.4

★スイス情報.com 特別企画★

ベルン旧市街観光ツアー・お花見のご案内 (日本語ガイド、お弁当付) 坪川真吾さんによるベルン旧市街を歩いて 学べる観光ツアー、そしてその後、天候が 良ければバラ公園でお花見を開催します。 ご家族やご友人、お仕事仲間やもちろんお 一人様でも大歓迎です。春の訪れを一緒に お祝いしませんか?

日時:4月7日(土) 09:30-11:30
詳細:http://swissjoho.com/archives/30599
田山貴子

★ユネスコ世界遺産アレッチ氷河・ 森林で森林浴ヨガ★

世界遺産・森林浴&ヨガのイベントが行われ ます。
日時:7月20日(金)9:00~12:00
8月26日(日)9:00~12:00
講師:長津明子
集合:ゴンドラ駅 ホーフル―、リーダーアルプ
会場:アレッチ森林&アレッチ氷河の絶景 ポイントでヨガ
お申し込みはこちら
http://bit.ly/2FIuNON
info☆aletscharena.ch (☆を@に変えてください)
027 926 58 68
長津明子

★チューリッヒHöngg、 静かな住宅街で間貸し致します★

チューリッヒに11年住む日本人女性が お部屋を間貸し致します。場所はバス46番のバス停Wieslergasse の目の前。セントラルまで15分。 トラムは13番Zwielplatzまで徒歩3分。 とても便利なエリアです。日本人、日本好きな方大歓迎です。詳細はメールでご連絡 ください。

お問い合わせ
okika99☆hotmail.com (☆を@に変えてください)
076 437 5505
長津明子

《おしどりマコ・ケンさんによる講演会 「東日本大震災から7年」》

芸人のお二人は福島原発事故発生後から自身の時間を全て使い、 東電の会見に600回以上足を運び、ほか多くの学会等で純真な探究心で取材し続け、それを様々な媒体で公開しています。2014年に ドイツでの国際会議に招待されて以来毎年ドイツを訪れ、会議や学校で日本の現状を伝えています。2016年度平和・協同ジャーナ リスト基金奨励賞受賞。市民に一番近いジャーナリストとしてますます注目されるおしどりマコ・ケンさんが、この度市民団体アジサ イの会主催による講演会(日本語・ドイツ語)をチューリッヒで行い ます。漫才師ならではのトーク術と鋭い観点からのお話を、是非 多くの方に聴いていただけたらと思いここにお知らせいたします。

日時:4月8日(日) 15:00 (14:30 開場)
場所:Universität Zürich, Rämistrasse 59, Aula にて
入場無料
スイスアジサイの会 ajisaich.jimdo.com

《Coffee Tasting in MAME》

コーヒーの味と香りは千差万別。昨年10月号のEdelweissにも紹介された、 2015年バリスタチャンピオンの深堀絵美さんが、10種類の豆で、コーヒーテイスティングをしてくださいます。自分の五感を使って、好みのコーヒーを探してみませんか。

日時:4月16日(月) 13:30 から2時間ほど
場所 :カフェ MAME Josefstr.160, Zürich
参加費 :JCZ会員 25フラン(会から5フランの補助が出ます。) 非会員 30フラン
定員:15名
申込 :ヘッデストレム桂子
jcz-kikaku-k☆gmx.ch (☆を@に変えてください)
申込締切:4月12日(木)

《日常ドイツ語サポートサービス》

日ごろドイツ語がわからなくて困ってい ることはありませんか? JCZでは、そういった方々のサポートを行っています。ご利用になりたい方は、 いつでもメールでご連絡ください。

申込み先:Japan Club Zurich事務局
zrhnihonjinkai☆hotmail.co.jp (☆を@に変えてください)
*サポートの内容 にもよりますが、 10フラン程度を JCZへの寄付というかたちでお願いしています。

《2月のJCZ企画感想文・みんなで Well-Aging!》

2月のある小雨降る木曜日、産婦人科医の門岡みずほ先生と、脳神経外科医の門岡慶介先生ご夫婦による講演会が行なわれました。

最初のテーマは「イキイキ過ごすための産婦人科医から のヒント」。10代から更年期までの節目節目で起こり得る 様々な症状や病気のお話や、毎月のことで慣れてしまっている出血が実は重大な病気のサインだったり、まさに「ひ とごとではない」身近なものであることを再認識させられました。他にも不妊治療や子宮頸がん予防注射のこと、 健康寿命を延ばすために日頃から出来ることなど、様々 なヒントをいただきました。

2つ目のテーマは「切らずに治す脳血管障害」。脳動脈瘤など従来は外科手術によ って治療していた疾患を、メスを入れずに治す「脳血管内治療」という方法につ いてでした。足の付け根の動脈からカテーテルを差し込み、脳内に出来た「瘤」 の中にコイルを詰めて破裂を防ぐ様子など、レントゲン写真を交えながら説明し てくださいました。患者さんの負担も軽く手術後の回復も早いそうで、最先端の医療技術に驚くとともに、その恩恵を受けられる有難さを感じました。 講演が終わってからも質問攻めにあっていたお二人ですが、この3月には揃って勤務先の千葉県の亀田総合病院に戻られるそうです。お忙しい中、大変ためになるお話を本当にありがとうございました。(CA)