イベント」カテゴリーアーカイブ

《7月企画 船で行く Rapperswil- Jona市内散策》

Rapperswil-Jona薔薇の紋章を持ち、 スイスのリベエラと言われるObere Zürchseeの湖畔の街。 夏の一日Bürkliplatzから2時間弱の船旅を楽しんだ後、一緒に街を散策しま せんか。                                      

10時半にBürkliplatzから船に乗り、 Rapperswil(12時半着)でお昼を食べた後 市内を散策します。 現地16時頃解散予定です。(帰りは電車を使いますが船で帰られるのもご自由です。)

日時 : 7月18日(水)
旅費・食費は各自負担
申込先 : フレイ直子
naoko.frey☆bluewin.ch
(☆を@に変えてください)
16日までにお願いたします。

《Margaritte, Dietrich, Rousseau 展ガイドツアーレポート》

去る5月16日(水)、チューリッヒ美術館で Margaritte, Dietrich, Rousseau. Visionaere Sachlichkeit展の鑑賞会が柿沼万里江さんの 解説で行われました。参加者は13人。解説がな ければそのまま通り過ぎてしまうような絵を、 その画家の生い立ちから、その絵の中にひそめら れた物語までお話ししてもらえるのが興味深かっ たです。美術学校に通っていないAdolf Dietrich に関しては、学校の枠にはまった作風とは違う

自由な発想から描かれており、少女の髪の毛・鳥の羽毛・花・牛小屋の藁など 細かくこだわりを持って描かれているのに対して、人間の顔は下手くそで無表情な皆同じ顔をしているなど、画 家個人を知らなければ理解 出来ない様な事まで解説し ていただきました。良く下 調べをした上で行ってみる 価値はあると思います。展 覧会は7月8日まで開催し ております。(K.T)

《JCZ企画感想文・コーヒーは納豆の香り??》

ゼクセロイテンでチューリッヒの街が賑わう春の日、Coffee Tasting in MAME に会員11人が集まりました。

2015年バリスタスイス大会で優勝、2016年12月にMAMEをオー プン、今年のコーヒースイス大会ではフィルターコーヒー部門で優 勝された深堀絵美さんにコーヒーの味の種類の多さについてお話し いただいた後、早速コーヒーテイスティングをしました。まずは10種類・10gの挽きたての豆 を順番に嗅ぎ、各自の感想をメモをします。その後、 93°Cのお湯を170g注ぎ4 分後に上澄みの雑味を取り 除き、10分後スペシャル ティコーヒーと呼ばれる状 態でスプーン一杯ずつテイ スティング。時間を置いて 再度テイスティングをしした。同じ条件で淹れたコーヒーですが、色、匂い、味が違い、1度 目と2度目のテイスティングでも味の印象が変化していました。皆さんの感想の中で面白かったのは「納豆みたい!」「味噌みたい」 というもの。これには深堀さんも「日本人ならではの感想ですね」と 嬉しそうにされていました。

皆さんの感想が出揃ったところで、各豆の紹介・味の違い・産地 を教えてもらいました。意外にも、コーヒーに関してはスイスより も日本の方が進んでいること、「後味が、長く続くお話のようなコー ヒーが良いコーヒーです」とおっしゃられていたのが印象的でした。

今年の1月から会員になった私には初 めてJCZの企画に参加となりましたが、皆 さん話しかけて下さ り楽しい時間を過ご しました。ありがとうございました。(MI)

《ベルン日本人会主催、柿沼万里江さんの案内での美術鑑賞会 グルリット・コレクション展・第二弾のお知らせ》

ベルン日本人会のご好意で、JCZ会員の方は参加費が、会員価格で参加できます。会員の方はその旨を明記して、直接ベルン日本人会までお申し込みください。

美術展の詳細はPDFファイルをご覧ください。

日時: 5 27 日(日)10 15 分から

*開始分前には集合できるように、時間の余裕をもってお集まりください。

場所: ベルン美術館 Kunstmuseum Bern Hodlerstrasse 8, 3011 Bern

参加費: 会員 5 フラン、 非会員15 フラン

美術館入場料: 大人18 フラン、10 名以上の場合団体割引あり
Museumpass 等も有効)

申し込み: 5 20 日(土)
担当Schenker 雅子まで、メールでお申し込みください。

メール:nipponjinkaigmail.com   (☆を@に変えてください)

*申し込まれた方には3日以内に返信しております。返信のない場合は再度ご連絡ください。

《いよいよGINMAKU日本映画祭 が今月開催されます!》


第4回 GINMAKU日本映画祭
初日のオープニング上映では、先月号 の会報で紹介された中川監督の最新作 「四月の永い夢」がスイス初上陸!

藤元明緒監督のデビュー作『僕の帰る場所』もお見逃しなく。 両作品共に監督が登壇されます。その他、大阪の下町で法律事務 所を営む弁護士“夫夫”の活動が、日本社会の現実を鮮やかに描き 出すドキュメンタリー「Of Love & Law」、競輪場近くの酒屋に 集う人々の声なき声にそっと寄り添う、ジュネーブ在住の水野さ やか監督が撮るドキュメンタリー「川崎競輪」、森田剛さん主演 の、日常と狂気が交錯する緊迫のサスペンス「ヒメアノ~ル」、二 ノ宮隆太郎さんが監督、脚本、編集に加えて主演も務めた、骨太 でありながら繊細で心に深く残る作品「枝葉のこと」、そしてク ロージング作品として、100年先へも伝えたい、胸を打つアニメー ション作品「この世界の片隅に」が締めくくるなど、今年もフィ クション、ドキュメンタリー、アニメーション、短編、長編作品 と200作品の中から選考された様々なジャンルの作品が上映され ます。

毎年、前売りチケットが売り切れとなってしまい当日券のない作 品が多くあったため、今年は上映本数・上映回数が増加。会場は 昨年同様映画館RiffraffとHoudiniです。5月2日より全作品の前売 りチケットが各映画館のHPにて販売開始。上映作品の詳細は下記HP、またはFacebookページをご覧ください。

www.ginmaku-festival.com
www.facebook.com/ginmakufestival/

第4回 GINMAKU日本映画祭
開催日:5月23日(水)、24日(木)、25日(金)、26日(土)、27日(日)
開催場所: Kino Houdini
Badenerstrasse 173, 8003 Zürich
Tel. 044 455 50 30
www.kinohoudini.ch

RIFFRAFF KINO(オープニング上映、クロージング上映)
Neugasse 57-63, 8005 Zürich
Tel. 044 444 22 00
http://riffraff.ch

《アフタヌーンカフェのお知らせ》

お花見の季節も終わり新緑まぶしいこの頃 です。Jelmoliのカフェで夏休みの計画、 花粉症対策などなど情報交換しませんか。 今月は第2木曜が休日に当たりますので、 常より一週間遅れて第3木曜17日になりま す。

日時 : 5月17日(木) 14:00-16:00
場所 : チュ-リッヒJelmoli 3Fのレストラン
申込: フレイ 佐野 直子 naoko.frey☆bluewin.ch
(☆を@に変えてください)
次回の予定 : 6月14日(木) , 7月12日(木)
*大体の参加人数を把握しておきたいので、 参加される方は事前にご連絡ください。

《「若山牧水の短歌アンソロジー」出版記念会のお知らせ》

4月29日(日) 12時より 割烹温泉旅館 兎山にて
懐石料理の昼食と音楽の演奏もお楽しみいただけます。
講演:クロッペンシュタイン・エドゥアルド氏
(チューリヒ大学日本学名誉教授)

詳細はこちらをクリックしてご参照ください。

《4月29日(日)チューリッヒ美術館鑑賞会のお知らせ》

今回は、チューリッヒ美術館で現在開催されています、Visionaere Sachlichkeit展、素朴派Margaritte, Dietrich, Rousseau.から(ダリなどの)シューリズムまでの鑑賞会への案内です。

http://www.kunsthaus.ch/de/ausstellungen/aktuell/visionaere-sachlichkeit

 日時:429日(日曜日)朝10時半
学芸員 柿沼万里江さんの、日本語での案内です。
参加費:一人20フランを、現場で徴収させていただきます。
別に美術館への鑑賞料は、一人16フランです。各自で会計にお支払い下さい。MuseumpassReiffeinsenBankCard等は、無効です。
参加をご希望の方は、坪川まで、連絡下さい。

tsubo3☆hotmail.ch (☆を@に変えてください)

申し込みの後に、必ず、受付の返事を確認して下さい。

 今回は、個人的な「スイス探訪会」の企画ですので、どなたでも参加して頂いて構いません。どなたでも、気軽にお誘い下さい。同じく柿沼万里江さんによる同展覧会の鑑賞会をJCZの企画として、5月16日水曜日、14:00より予定しています。そちらの詳細はエーデルワイス5月号をご覧ください。

現在SBBで、同伴券38フランをキャンペーンとして提供しています。SBB1/2Abo所持者用の一月券か、1/2ABOの所有者用の一日券(通常2nd Class72フラン。インターネットでの割引価格もあり。)またはGAを、2ndでも1stでも、どちらかを持っている方と一緒に行動すれば、38フランの同伴券で同乗出来るというものです。Gemeinde発行の一日券、旅行者用のSwissTravelPassは無効です。ただし、旅行者用SwissTravel1/2Aboで購入した、SBB一日券は有効です。キャンペーンは、56日までです。上手にご利用下さい。

https://www.sbb.ch/de/abos-billette/billetteschweiz/tageskarten/mitfahrbillett.html

《GINMAKU日本映画祭を応援しましょう!》

5月23日(水)から5日間の予定で行われるGINMAKU日本映画祭。会員の皆様には会報4月号でも、オープニングフィルム「四月の永い夢」の中川龍太郎監督のインタビューを読んでいただきました。今年4回目開催を目前に主催者である会員の松原美津紀さんは、現在クラウドファンディングにて、趣旨に賛同してくださる方からの資金協力を求めています(4月21日締め切り)。

JCZでは、文化交流の架け橋となるこのイベントを応援すべく、皆様の中にもぜひ協力をしたいという方が現れて、以下のHPを見てくださることを願います!
https://wemakeit.com/projects/ginmaku-film-festival-2018

《アフタヌーンカフェのお知らせ》

イースターも過ぎるといよいよ春が やってくる感じがしますね。チューリッヒ 市の花のお祭りゼクセロイテンも目前で す。いつものようにJelmoliのカフェでおしゃべりしましょう。どなたでもどうぞ。

日時:4月12 日(木) 14:00 -16:00
場所:チューリッヒJelmoli 3Fのレストラン
申込:ヘッデストレム桂子
次回の予定:5月17日(木)・6月14日(木)

*大体の参加人数を把握しておきたいので、 参加される方は事前にご連絡ください。