イベント」カテゴリーアーカイブ

《ベルン日本人会主催、柿沼万里江さんの案内での美術鑑賞会 グルリット・コレクション展・第二弾のお知らせ》

ベルン日本人会のご好意で、JCZ会員の方は参加費が、会員価格で参加できます。会員の方はその旨を明記して、直接ベルン日本人会までお申し込みください。

美術展の詳細はPDFファイルをご覧ください。

日時: 5 27 日(日)10 15 分から

*開始分前には集合できるように、時間の余裕をもってお集まりください。

場所: ベルン美術館 Kunstmuseum Bern Hodlerstrasse 8, 3011 Bern

参加費: 会員 5 フラン、 非会員15 フラン

美術館入場料: 大人18 フラン、10 名以上の場合団体割引あり
Museumpass 等も有効)

申し込み: 5 20 日(土)
担当Schenker 雅子まで、メールでお申し込みください。

メール:nipponjinkaigmail.com   (☆を@に変えてください)

*申し込まれた方には3日以内に返信しております。返信のない場合は再度ご連絡ください。

《いよいよGINMAKU日本映画祭 が今月開催されます!》


第4回 GINMAKU日本映画祭
初日のオープニング上映では、先月号 の会報で紹介された中川監督の最新作 「四月の永い夢」がスイス初上陸!

藤元明緒監督のデビュー作『僕の帰る場所』もお見逃しなく。 両作品共に監督が登壇されます。その他、大阪の下町で法律事務 所を営む弁護士“夫夫”の活動が、日本社会の現実を鮮やかに描き 出すドキュメンタリー「Of Love & Law」、競輪場近くの酒屋に 集う人々の声なき声にそっと寄り添う、ジュネーブ在住の水野さ やか監督が撮るドキュメンタリー「川崎競輪」、森田剛さん主演 の、日常と狂気が交錯する緊迫のサスペンス「ヒメアノ~ル」、二 ノ宮隆太郎さんが監督、脚本、編集に加えて主演も務めた、骨太 でありながら繊細で心に深く残る作品「枝葉のこと」、そしてク ロージング作品として、100年先へも伝えたい、胸を打つアニメー ション作品「この世界の片隅に」が締めくくるなど、今年もフィ クション、ドキュメンタリー、アニメーション、短編、長編作品 と200作品の中から選考された様々なジャンルの作品が上映され ます。

毎年、前売りチケットが売り切れとなってしまい当日券のない作 品が多くあったため、今年は上映本数・上映回数が増加。会場は 昨年同様映画館RiffraffとHoudiniです。5月2日より全作品の前売 りチケットが各映画館のHPにて販売開始。上映作品の詳細は下記HP、またはFacebookページをご覧ください。

www.ginmaku-festival.com
www.facebook.com/ginmakufestival/

第4回 GINMAKU日本映画祭
開催日:5月23日(水)、24日(木)、25日(金)、26日(土)、27日(日)
開催場所: Kino Houdini
Badenerstrasse 173, 8003 Zürich
Tel. 044 455 50 30
www.kinohoudini.ch

RIFFRAFF KINO(オープニング上映、クロージング上映)
Neugasse 57-63, 8005 Zürich
Tel. 044 444 22 00
http://riffraff.ch

《アフタヌーンカフェのお知らせ》

お花見の季節も終わり新緑まぶしいこの頃 です。Jelmoliのカフェで夏休みの計画、 花粉症対策などなど情報交換しませんか。 今月は第2木曜が休日に当たりますので、 常より一週間遅れて第3木曜17日になりま す。

日時 : 5月17日(木) 14:00-16:00
場所 : チュ-リッヒJelmoli 3Fのレストラン
申込: フレイ 佐野 直子 naoko.frey☆bluewin.ch
(☆を@に変えてください)
次回の予定 : 6月14日(木) , 7月12日(木)
*大体の参加人数を把握しておきたいので、 参加される方は事前にご連絡ください。

《「若山牧水の短歌アンソロジー」出版記念会のお知らせ》

4月29日(日) 12時より 割烹温泉旅館 兎山にて
懐石料理の昼食と音楽の演奏もお楽しみいただけます。
講演:クロッペンシュタイン・エドゥアルド氏
(チューリヒ大学日本学名誉教授)

詳細はこちらをクリックしてご参照ください。

《4月29日(日)チューリッヒ美術館鑑賞会のお知らせ》

今回は、チューリッヒ美術館で現在開催されています、Visionaere Sachlichkeit展、素朴派Margaritte, Dietrich, Rousseau.から(ダリなどの)シューリズムまでの鑑賞会への案内です。

http://www.kunsthaus.ch/de/ausstellungen/aktuell/visionaere-sachlichkeit

 日時:429日(日曜日)朝10時半
学芸員 柿沼万里江さんの、日本語での案内です。
参加費:一人20フランを、現場で徴収させていただきます。
別に美術館への鑑賞料は、一人16フランです。各自で会計にお支払い下さい。MuseumpassReiffeinsenBankCard等は、無効です。
参加をご希望の方は、坪川まで、連絡下さい。

tsubo3☆hotmail.ch (☆を@に変えてください)

申し込みの後に、必ず、受付の返事を確認して下さい。

 今回は、個人的な「スイス探訪会」の企画ですので、どなたでも参加して頂いて構いません。どなたでも、気軽にお誘い下さい。同じく柿沼万里江さんによる同展覧会の鑑賞会をJCZの企画として、5月16日水曜日、14:00より予定しています。そちらの詳細はエーデルワイス5月号をご覧ください。

現在SBBで、同伴券38フランをキャンペーンとして提供しています。SBB1/2Abo所持者用の一月券か、1/2ABOの所有者用の一日券(通常2nd Class72フラン。インターネットでの割引価格もあり。)またはGAを、2ndでも1stでも、どちらかを持っている方と一緒に行動すれば、38フランの同伴券で同乗出来るというものです。Gemeinde発行の一日券、旅行者用のSwissTravelPassは無効です。ただし、旅行者用SwissTravel1/2Aboで購入した、SBB一日券は有効です。キャンペーンは、56日までです。上手にご利用下さい。

https://www.sbb.ch/de/abos-billette/billetteschweiz/tageskarten/mitfahrbillett.html

《GINMAKU日本映画祭を応援しましょう!》

5月23日(水)から5日間の予定で行われるGINMAKU日本映画祭。会員の皆様には会報4月号でも、オープニングフィルム「四月の永い夢」の中川龍太郎監督のインタビューを読んでいただきました。今年4回目開催を目前に主催者である会員の松原美津紀さんは、現在クラウドファンディングにて、趣旨に賛同してくださる方からの資金協力を求めています(4月21日締め切り)。

JCZでは、文化交流の架け橋となるこのイベントを応援すべく、皆様の中にもぜひ協力をしたいという方が現れて、以下のHPを見てくださることを願います!
https://wemakeit.com/projects/ginmaku-film-festival-2018

《アフタヌーンカフェのお知らせ》

イースターも過ぎるといよいよ春が やってくる感じがしますね。チューリッヒ 市の花のお祭りゼクセロイテンも目前で す。いつものようにJelmoliのカフェでおしゃべりしましょう。どなたでもどうぞ。

日時:4月12 日(木) 14:00 -16:00
場所:チューリッヒJelmoli 3Fのレストラン
申込:ヘッデストレム桂子
次回の予定:5月17日(木)・6月14日(木)

*大体の参加人数を把握しておきたいので、 参加される方は事前にご連絡ください。

《スイス日本協会映画会のお知らせ》

GINMAKU映画祭まではまだしばらくあり ますが、一足先にこちらでも日本の映画をお楽しみいただけます!

タイトル:禅 ZEN(2008年)128分、
日本語(英語字幕) 
監督
:高橋伴明
主演:中村勘太郎
内容:曹洞宗の開祖、道元禅師の生涯を描く歴史ロマンで、大谷哲夫の「永平の風道元の生涯」を原作としています。 

日時:4月15日(日) 11時 (10時45分開場)
会場:Filmpodium der Stadt Zürich, Nüschelerstrasse11, 8001 Zürich
入場無料

《おしどりマコ・ケンさんによる講演会 「東日本大震災から7年」》

芸人のお二人は福島原発事故発生後から自身の時間を全て使い、 東電の会見に600回以上足を運び、ほか多くの学会等で純真な探究心で取材し続け、それを様々な媒体で公開しています。2014年に ドイツでの国際会議に招待されて以来毎年ドイツを訪れ、会議や学校で日本の現状を伝えています。2016年度平和・協同ジャーナ リスト基金奨励賞受賞。市民に一番近いジャーナリストとしてますます注目されるおしどりマコ・ケンさんが、この度市民団体アジサ イの会主催による講演会(日本語・ドイツ語)をチューリッヒで行い ます。漫才師ならではのトーク術と鋭い観点からのお話を、是非 多くの方に聴いていただけたらと思いここにお知らせいたします。

日時:4月8日(日) 15:00 (14:30 開場)
場所:Universität Zürich, Rämistrasse 59, Aula にて
入場無料
スイスアジサイの会 ajisaich.jimdo.com

《Coffee Tasting in MAME》

コーヒーの味と香りは千差万別。昨年10月号のEdelweissにも紹介された、 2015年バリスタチャンピオンの深堀絵美さんが、10種類の豆で、コーヒーテイスティングをしてくださいます。自分の五感を使って、好みのコーヒーを探してみませんか。

日時:4月16日(月) 13:30 から2時間ほど
場所 :カフェ MAME Josefstr.160, Zürich
参加費 :JCZ会員 25フラン(会から5フランの補助が出ます。) 非会員 30フラン
定員:15名
申込 :ヘッデストレム桂子
jcz-kikaku-k☆gmx.ch (☆を@に変えてください)
申込締切:4月12日(木)