街のイベント」カテゴリーアーカイブ

《team104から 喫茶とバザーのお知らせ》

東北再想 — 震災から8年たった今も、東北の子ども達は大きな負担を抱えて生きてい ます。team104では、和菓子、軽食、食器等を販売し、売上並びに寄付金を全額、東 北三県(宮城、岩手、福島)の被災青少年育英資金課に寄付いたします。 お誘い合わせてお出かけください。 続きを読む

《ベルン日本人会主催の美術鑑賞会Klee & Friends展のお知らせ》

日時: 6月 23 日(日)13 時から*開始5分前には集合。時間の余裕をもってお集まりください
場所: Zentrum Paul Klee( Monument im Fruchtland 3 3000 Bern )
参加費: 会員 5 Fr. (各日本人会会員共通) 非会員 20 Fr.
美術館入館料: 大人 20 Fr. 続きを読む

《ベルン日本人会・在スイス日本大使館共催 ケアチームジャパン協賛医療セミナー・講演会のお知らせ》

 欧州日本ネットワークENJA(European Network of Japanese Associations)という会をご存知でしょうか?  続きを読む

《チューリッヒ「日本さくら文化祭」のお知らせ》

スイス国内では数々の日本祭りが催されるようになりました が、チューリッヒでも「日本さくら文化祭」なるものが2019年3月24 日にKlotenのZentrum Schuluefwegで開催される運びとなり、我が JCZは後援という形で携わることになりました。隔年で開催されるこ の祭り、第一回の今年は以下のような催し物が展開されます。

【コンサート部門】
• taiko zürich
• 「糸と竹の音色」生田流琴と琴古• 小喜楽 ・民謡津軽三味線井坂流

【展示部門】
• 書芸・白羊会• IKEBANA International
• 書画 (墨絵)
• Atelier Margot
• Kimono Silk Art

【販売部門】
• 和菓子
• Kona Küche (肉まん)
•Mini Koji Shop (味噌・塩こうじ・豆腐味噌汁等試食販売付き)•Himiko (風呂敷・手拭い・折り紙等手作り和雑貨)
• Sizuku (日本酒)
• Raku Keramik (茶道用茶碗等楽焼き作品)
• Daruma (醤油・だし・酒・麺等の日本食・雑貨)
• 和食工房 (おにぎり・たい焼き・パン)
• 151A〈一期一会〉(アクセサリー・インテリア)
• MIYAKO (和雑貨・冷凍塩干物→2月15日までに enkanch@gmail.comへ注文)会場レストラン(飲み物・スナッ ク)その他アトラクションとして 折り紙アーティストとして固定ファ ンも多いという山口岩男さんが招 待されます。

———————————————————————————————————–

このお祭りが実現するまでのいきさつを運営団体の「さくら 企画」に早速取材してみました。

Q. この企画はどのようにして生まれたのですか?
A. 初めは「複数の団体の発表会を合同で出来たら、別の文化 にも触れられていいなあ」と思ったのがきっかけでした。わざ わざ日本の文化を選んで習ってくれている人達に、それを通し て多くの人達と交流できる場があれば、と思ったのです。

目的

  • 日本文化を継承する組織・団体とつながりがあり、スイスにおいて日本文化を教え・習う場を設けている会・グループの師範・生徒のための発表の場
  • 日本文化を教え・習う人たちの交流の場
  • スイスの在住者・在スイス日本人・二世の方々に向けた、身近な日本文化発信・紹介の場

Q. 対象はどんな人達ですか?
A. 日本文化が好きな人、日本に興味のある人、会場近くの方 など皆様に楽しんで頂けると思います。

Q. ご苦労された点はどこですか?
A. 既存の祭りにしたくなかったので、敢えて、日本文化とそ の継承に焦点を置きました。初めてのことなので、例えば、そ の場で食べる物を売る場合、会場内の常設レストランにも一定 の料金を払わなければならない等、後から解ったこともありま す。最初から大規模過ぎるものを目指して続かなくなるよりも、 地道に継続していかれるものを求めました。

Q. JCZの会員にメッセージをお願いします。
A. スイスで日本文化を習っている人達の頑張りを是非見に来 て下さい。今年乗り遅れてしまった方も、この目的にご賛同下 さる団体・グループ・個人の方は参加分担金を払って、また応 援頂ける企業・店舗・個人の方は協賛金(一口100Fr.)をもっ て、ご参加頂けます。2年後もどうぞ奮ってご参加下さいませ。

《ベルン日本人会企画 ホドラー「パラレリズム」展鑑賞会へのご案内》

スイスで「国民画家」として有名なフェルディナント・ホドラ ーの死去 100 周年を記念した展覧会「ホドラー/パラレリズム(平 行主義)」のご案内です。

日時:12 月 16 日(日) 15:15 開始
*開始 5 分前には集合できるよう、余裕をもってお集まり下さい。
場所: ベルン美術館 Kunstmuseum Bern Hodlerstrasse 12 3011 Bern
参加費: 会員 5 フラン、 非会員 20 フラン
美術館入場料:大人 22 フラン、参加者 10 名以上の場合は団体割引で 18 フラン(Museumpass 有効) 申し込み期限:12 月 7 日(金)

※お申し込み方法
お申込・お問い合わせは、美術鑑賞会担当ヌスバウム美紀までお願いいたします。nipponjinkai☆gmail.com (☆を@に変えてください)
電話 079 321 1759
申込時に、美術鑑賞会名、Museumpass の有無をお知らせください。
詳細は以下PDFファイルをご覧ください。

ホドラー展2018年12月16日お知らせ

《スイス日本同好会主催・Baden フランス印象派絵画展のご案内》

Badenのラングマット美術館にて、「フランス印象派絵画展」  http://www.langmatt.ch/ausstellungen/gegenlicht-meisterwerke-des-franzoesischen-impressionismusの鑑賞会があります。案内は柿沼万里江さんです。

日時:2018年12月9日(日)14時から
入館費:一人12フラン (グループは、10フラン)
参加費:会員の方は5フラン(JCZの会員の方も会員価格で参加可能)一般は20フラン
申込先:スイス日本同好会の鈴木理香会長
suzukirikaoutlook.com (☆を@に変えてください)

《バーゼル日本人会主催・バーゼル市立美術館「特別展フュスリ展」鑑賞会のお知らせ》

柿沼万里江さん(美術史研究員)による日本語での案内

日 時:2018年12月2日(日)13:15~(集合13:00)
場 所:バーゼル市立美術館(Kunstmuseum Basel)
Fondation de l’Hermitage  (St. Alban-Graben 8, CH-4010 Basel) https://kunstmuseumbasel.ch

入館料:大人(20 歳以上)26 フラン(AHV 割引はありません。各自ご購入ください)13~19 歳 8 フラン、20~30 歳の学生 13 フラン
ミューゼアムパス有効
(参加者数が十分であれば、団体割引料金 18 CHF になります。)
参加費: 会員 5 フラン(JCZの会員の方も会員価格で参加可能)、
非会員 15フラン
申込先:11月20日までに jcz-kikaku-kgmx.ch
(☆を@に変えてください)学生証、ミューゼアムパスの有無もご連絡ください。

※展覧会の詳細はこちらの添付ファイルをご覧ください。
Fuessli

《布袋寅泰さんライブ のコンサート 感想》

10月10日の布袋寅泰さんライブ のコンサートチケット当選者、MS さんとご主人様から、楽しんできた様子を報告していただきました!


JCZからのご招待で主人とともに、 布袋寅泰さんのライブに参加させて いただきました。会場は思ったより 小さく、手が届くような、汗が飛んでくるような距離で布袋さんの魅力を存分に味わってきました。 超一流のギター演奏の迫力はまさに圧巻でした。まるでギター が生きているかのように思えるくらいでした。キルビルのテー マ曲から始まり懐かしい曲も演奏され、“be my baby“、”バン ビーナ“、”スリル” は特に盛り上がりました。歌詞に込められた 言葉もストレートに私の心に響き、ロックなのにロマンチック。 これこそが布袋さんの魅力。奥様の今井美樹さんが、いつか「布 袋さんに会った人はみんな必ず布袋さんを好きになるの。布袋 さんのライブは本当にかっこいいのよ!」とテレビで自慢気に仰っ ていた事があったのを覚えているのですがおっしゃる通り私も 主人もすっかり布袋さんの魅力にハマりきってしまいました。 本当にカッコよかったです。今はyoutubeでなんでも見れる世 の中ですが、ライブで生の演奏と生の声、その場の空気感を感 じる事はものすごいエネルギーがもらえるのだなと改めて実感 しました。エネルギー、フルチャージできました。

《布袋寅泰 チューリッヒ公演のお知らせ》

2017年に初のヨーロッパツアーを行い成 功を収めたミュージシャンの布袋寅泰氏が今年もチューリッヒで公演します。この機会をどうぞお見逃しなく!

日時 :2018年10月10日(水曜日)
開場時間:20:00
会場:Kaufleuten Zurich
住 所 : Pelikanplatz, 8001 Zurich, Switzerland
電話番号 :044 225 33 33
プロモーター :Kaufleuten Kultur
チケット料金  :CHF 35.00
チケットリンク:www.kaufleuten.ch

美術鑑賞会 Kosmos Klee展のご案内

恒例の、柿沼万里江さん(美術史研究員)による日本語での案内の美術鑑賞会へのご案内です。
 
今回の展覧会では、パウル・クレーの有名な傑作に加えて、今までほとんど目に触れることのなかった作品が公開されます。コレクションの中から約200点の作品を厳選し、クレー作品の多様性に光を当てています。様々な芸術的手法を、ユニークな指人形、有名な天使、そのほか希少なクレー作品から発見することができるでしょう。
クレーは自分の空想の中の絵画表現だけでなく、様々な芸術的手法と実験を試みました。彼の非凡な絵画技術を見て取れる、彼のアトリエの画材・道具の展示もあります。
 
日時: 9 月 16 日(日)14 時から
 *開始5分前には集合できるように、時間の余裕をもってお集まりください
場所: Zentrum Paul Klee
( Monument im Fruchtland 3 3000 Bern )
参加費: 会員 5 Fr.   非会員 20 Fr.
美術館入館料: 大人 20 Fr. (AHV 18Fr.) 10 名以上の場合団体割引あり(Museumpass 等も有効)
申し込み: 9 月 8 日(土) まで(人数に限りがあるため、なるべく早くお申し込みください。期日後も定員に空きがあれば参加可能なのでご相談ください。)
担当 Nussbaum 美紀まで、メールでお申し込みください。
お申し込みの際にMuseumpassの有無をお知らせください。
メール:nipponjinkai☆gmail.com
(☆を@に変えてください)
* 申し込まれた方には3日以内に返信をお送りしております。
  返信のない場合は再度ご連絡ください