街のイベント」カテゴリーアーカイブ

≪ゼクセロイテンキンダーパレード 参加のご報告≫

 4月23日(日)に開催されたゼクセロイテン・キンダーパレードに、全日制、補習校合わせて子どもたち30名が参加しました。今年は、好天に恵まれ、子どもたちは一生懸命声をかけ合いながら馬車の上で太鼓を叩いたり、飴や旗を手渡したりして、見に来られた方々と共に春の訪れをお祝いしました。日本の文化やおもてなしの姿勢が伝わったのではないかと思います。沿道から太鼓のリズムに合わせた手拍子や多くの声援にエネルギーをいただき、全員無事にパレードを終了することができました。紙面をお借りしまして、改めてチューリッヒ日本商工会の皆様、チューリッヒ日本人会の皆様はじめ、関係者の皆様のご協力、ご支援に感謝申し上げます。 

                                                    (チューリッヒ日本人学校 村田 裕)

《「赤ひげ」上映のご案内》

スイス日本協会フィルムマチネー『赤ひげ』上映のご案内

 

巨匠黒澤明の3時間大長編映画『赤ひげ』(1965 / 日本語・ドイツ語字幕付き)が上映されます。出演は、三船敏郎、加山雄三、香川京子他。白黒の映像美もどうぞお楽しみください!

 日時:55() 11時開映(1045分開場)

 会場Filmpodium der Stadt Zürich, Nüschelerstrasse 11, 8001

 入場料 Kollekte

 *185分の作品のため間に休憩があります。

《スイス日本協会フィルムマチネー「赤ひげ」上映のご案内》

巨匠黒澤明の3時間大長編映画、江戸の小石川養生所を舞台に老若の二人の医師と庶民のヒューマニズムの物語。黒澤映画の最高傑作のひとつと言われています。また、あえての白黒作品、その映像美も話題です。

「赤ひげ」(1965年 / 日本語・ドイツ語字幕付き   監督・黒澤明、           出演・三船敏郎、加山雄三、香川京子他

日時:2017年5月7日(日)11時開映(10時45分開場)

会場:Filmpodium der Stadt Zürich, Nüschelerstrasse 11, 8001

入場料 Kollekte

*185分の長尺物なので、中に休憩を挟みます。

《第3回GINMAKU日本映画祭のお知らせ》

いよいよGINMAKU日本映画祭まで1ヶ月を切りました。今年は開催日程が一日延長になり、初日のオープニング上映は本年度ベルリン国際映画祭にて数ある作品の中から「テディ審査員特別賞」と「観客賞第二位」を受賞した「彼らが本気で編むときは、」が、そして最終日の5月1日には岩井俊二監督の12年ぶり実写長編作「リップヴァンウィンクルの花嫁」がクロージング作品として両作品共に映画館Raffraffにて上映されます。オープニング上映には監督野荻上直子さんが登壇予定のほか、今年も日本からゲストがいらっしゃいます。その他の10作品は昨年同様映画館Houdiniで上映、楽しみですね。4月6日より全作品の前売りチケットが書く映画館のHP、窓口にて販売開始されます。お早目のご予約を! 作品の詳細は、下記HPまたはFacebook ページを御覧ください。

www.ginmaku-festival.com

www.facebook.com/ginmakufestival

★日本映画祭開催日:4月27日(木)、28日(金)、29日(土)、30日(日)、5月1日(月)

★開催場所:Kino Houdini, Badenerstrasse 173, Zurich Te. 044 445-50 30

会員限定《布袋寅泰見たい聴き隊メンバー募集!》

類い稀なセンスとギターテクニックで日本のロック、ファンキー系の音楽シーンをリードするミュージシャンの一人であり、現在ロンドン在住の布袋寅泰。イギー・ポップらとのコラボで2015年に出した初めてのインターナショナルアルバムなど、世界を舞台に活躍中であるのはファンには周知の事実です。そんな大スターのコンサートに一緒に行って盛り上がろう!ということで、JCZでは「布袋寅泰見たい聴き隊」メンバー大募集です!音楽事務所からの計らいで無料招待券を抽選で5名の方にプレゼント。また残念ながら無料チケットは当たらなかった方も、希望者の方には、JCZではオリジナル39フランのチケットを35フランで10枚準備しています。どうぞ奮ってご応募ください。もちろん自分でチケットをオーガナイズしても隊に参加は可能です。なお、この隊には編集部から一人同行いたします。

コンサート:421() 20:00

会場:Papiersaal Sihlcity, Zurich 

– – – 応募概要 – – –

応募締め切り:310()

応募先:jczedelweiss@gmail.com

応募条件:JCZ会員であること。1人につき1枚。家族会員のご家族の方は会員名を明記の上、それぞれ別々にお申し込みください。

抽選方法:編集部で責任を持って行います。応募いただいた全ての皆さんにメールにてメール受信の旨と、後日結果をお知らせいたします。(KC)

 

《伝言板 2017.3》

☆めいきょく倶楽部extra朗読講演会へのお誘い

講演:野田茂 精神科医:めざせ生涯現役 人生の実りの秋を迎えるには

朗読:Ginsig 恭子:100歳の詩人として話題になった柴田トヨさんの詩     

朗読講演後に茶話会があります

入場料10フラン

201735 ()14:00  Internationaler Lyceum Club

Rämistrase 26, 8001 Zürich

 

 

 

 

☆キルヒナー特別展日本語案内付き鑑賞会

2月のJCZ企画と同じ内容企画が、別の主催で催されます。

317() 10時半集合 チューリッヒ美術館にて

案内は、柿沼万里江さん

案内費として120フラン(JCZの企画ではありません)

入場券(バッチ)は事前に各自でご用意ください。

通常は23フランです。AHV割引き等は美術館にお尋ねください。

申込先:坪川 tsubo3@hotmail.ch

 

 

 

☆ワークショップ『動脈硬化症予防』日本食とスイスメニュー紹介

319() 14 17時 

kochevents.ch GmbH Waffenplatzstrasse 11  CH-8002 Zürich

Wegmann菜摘女(SPA公認栄養カウンセラー)

Marcel Reist (WIDDER HOTEL元料理長)

Fr. 90

申込:natsume_wegmann@gmx.ch (312)

 

 

 

☆スイス留学.com スイスサマースクール渡航同行付きツアーのお知らせ

忙しい親御様に代わり、スタッフがプログ ラム選択、申込手続き、航空券などの手配、 空港出発~到着まで参加中のお子様のお世 話を致します。日本の公立の夏休みに参加できる貴重な機 会ですので、日本にお住まいのお子様やお 知り合いなどにぜひお声がけ下さい。スイス留学.com 田山貴子www.swiss-ryugaku.com/summer-school- tour-2017

 

 

《手作りバザー、大盛況》

毎年恒例の教会バザーに、今年は5人の会員有志が集まり参加しました。通常のお寿司、和菓子、日本の小物に加えて、今年は新たに自家製納豆、手作りポップアート・カードを用意し売れ行きも上々。前年を上回る売り上げの2104.60フランを教会に寄付することが出来、これは国内外の様々な施設・団体に送られます。ご協力ありがとうございました。

写真はこちらから 続きを読む

《伝言板 2016.10》

☆ドーナツ親子の会 会員募集中 ☆

毎週月曜日14:30-16:30Pfäffikon SZで活動しています。乳児から幼稚園児までの子どもたちが広いホールで遊んだり、童謡や手遊び歌を歌ったりしています。月一で幼稚園教諭による親子イベントも開催中。ぜひ一度見学にいらしてください!

donut.japanischespielgruppe@gmail.com  Unterer名川美希

☆ 夏目漱石没後100年記念講演会☆

(「坑夫」ドイツ語出版記念も兼ねて)

講演者:Eduard Klopfenstein チューリッヒ大学日本語教授

日時:10月5日(水)18:30

会場:Zentrum Karl der Grosse, Erkerzimmer,  Kirchgasse 14, Zurich Tel:044 266 8500

SJGとSJHC会員は無料、会員外は15フラン

 

☆ スイス日本協会フィルムマチネ(在スイス日本大使館共催)☆

「父と暮らせば」(2004年)監督:黒木和雄 出演:宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信、 日本語オリジナル英語字幕付き、 入場無料

日時:10月30日(日)11:00~ (開場:10:45)

会場:Filmpodium der Stadt Zurich,  Nueshelerstrasse 11, Zurich

 

 

オペラハウス・オープンディのお知らせ

“芸術の秋” にオペラ鑑賞はいかがでしょう。

<Offen5 Opernhaus Zürich> 10:00 – 22:30

9月17日(土)はオペラを始めバレエ、オーケストラ、合唱などのリハーサルやワークショップが無料で楽しめるオープンデー。整理券の要/不要を確認して効率良く回りたいところです。整理券はプログラムの開始1時間前からセクセロイテン広場のパビリオンで配布されます。19:00開始のオペラの場合、17:30には長蛇の列になっていることが常。早い者勝ちです!

プログラム(一例)

10:00 <Die Geschichte von Babar, dem kleinen Elefanten>  4歳以上の子どものためのコンサート

11:00 Ballet Zürichによるバレートレーニング

12:15 <All together>  合唱コンサート

14:00 <Der Schauspieldirektor> 『劇場支配人』

16:00 <DAS Kostüm- und Technikspektakel > 衣装と美術のショー

16:00  オペラハウス専属歌手の竹下数雄さん(JCZ会員)のソロコンサート(1時間)    (場所:Bernhardtheater  *整理券・不要)

17:00  ソロコーンサート終了後、竹下さんによる館内見学会(1時間)

19:00 <Faust> 『ファウスト』*竹下さんも出演 *整理券・要

☆コンサート後の見学会では、舞台裏やリハーサル室、衣装室、メイク室、楽屋などが見られる絶好のチャンス。見学場所は毎回少し変わるので、何度参加しても発見がありそうです。去年は約40人も集まった人気企画。お楽しみに!

<お手頃な価格でオペラ鑑賞を>

各種団体からの助成によりチケットがCHF 15~75(Preise H)で販売されています。購入は公演1ヶ月前の11:00からオペラハウスの窓口、またはインターネットでどうぞ!

年末までの演目は 続きを読む

slowUp Zurichsee のんびり楽しむサイクリング

スイス各地で開催されるサイクリングレース「slowUp」が、ここチューリッヒでも行われます。レースと言ってもslow+upという名前のとおり、無理なくゆっくり楽しめるのが特徴。チューリッヒ湖沿いの28kmのルートはほぼ平坦なので、美しい景色を堪能しながら自分のペースで走ることができます。しかも、好きな地点から参加でき、ゴールもその日の気分や体調に合わせて決められるという自由さ。そのため、参加者もお年寄りから若者、カップル、家族連れと様々で、中にはゆっくりお散歩や応援を楽しむ人も。

現地まで自分の自転車で行ってもよし、車や電車、船などで行ってMigrosの提供するレンタサイクル(カントリーバイクやE-Bike、子供用自転車など)を借りるもよし。GAやHalbtaxがあると割引が利用できます。(例 カントリーバイク30フラン。16歳までの子供の自転車は各種17.50フラン)

「slowAppetit」というフードメニューにも注目。チューリッヒ湖畔で採れる季節の野菜などを使ったローカルフードが大好評です。今年はSwissmilkのフローズンヨーグルトや、温かいかぼちゃのスープなどが登場する予定。

*9月25日(日) 10:00 – 17:00 雨天決行

*ルート Meilen – Rapperswil-Jona – Schmerikon

*ホームページ www.slowup.ch

ルートの詳細、レンタサイクルの種類や料金などの情報が掲載されています。