未分類」カテゴリーアーカイブ

《布袋寅泰 チューリッヒ公演のお知らせ》

2017年に初のヨーロッパツアーを行い成 功を収めたミュージシャンの布袋寅泰氏が今年もチューリッヒで公演します。この機会をどうぞお見逃しなく!

日時 :2018年10月10日(水曜日)
開場時間:20:00
会場:Kaufleuten Zurich
住 所 : Pelikanplatz, 8001 Zurich, Switzerland
電話番号 :044 225 33 33
プロモーター :Kaufleuten Kultur
チケット料金  :CHF 35.00
チケットリンク:www.kaufleuten.ch

《日常ドイツ語サポートサービス》

日頃ドイツ語がわからなくて困ってい ることはありませんか?

JCZではそういった方々のサポ-トを 行っています。ご利用になりたい方は、 いつでもメ-ルでご連絡ください。

申し込み先: Japan Club Zurich事務局
zrhnihonjinkai☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)

サポ-トの内容にもよりますが、10フラン程度をJCZへの寄付というかたちでお願いしています。

《アフタヌーン カフェのお知らせ》

バルコニーを賑わしていた朝顔もそろそろ 終わり菊や矢車草が楽しみな季節となりま した。皆様今年の暑い夏をどう過ごされた でしょうか。Jelmoliのカフェで夏の土産 話など交換しませんか。

日時: 9月13日 (木) 14:00-16:00
場所: チュ-リッヒJelmoli 3Fのレストラン
申込: フレイ 佐野 直子
メール: naoko.frey☆bluewin.ch
(☆を@に変えてください)
次回の予定:10月11日(木)、11月8日(木)
*大体の参加人数を把握しておきたいので、 参加される方は事前にご連絡ください。

《伝言版》2018.7/8

★スイス在住日本人同行日本旅行ツアー★

日本旅行初心者向けアテンド付き日本旅行を開催します。 日本に興味のあるお知り合いの方にご紹介く ださい。

ツアー日程:2018年10月7日スイス出発、17日スイス帰国 

http://www.swissjapantrips.com/
info☆swissjapantrips.com
(☆を@に変えてください)

スイス情報.com 田山貴子

★Usterひまわりの会 会員募集★

第二、第四、第五木曜日の9時半~11時半 Uster駅から徒歩5分ほどのFamilienzentrum で、フリープログラムでのびのび遊んでいます。 生後間もなくのお子さんから参加していただ けます。

お問い合わせ先 :はまだくみ
alexandertechnik.kumi☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

★Usterたまごの会 会員募集★

第一、第三木曜日の9時半~11時半。 Uster駅から徒歩5分ほどのFamilienzentrum で、日本の童謡や手遊び、工作、絵本の読み 聞かせなどを取り入れた親子の集いです。 2歳前後から参加していただけます。

お問い合わせ先:トブラー美弥子
miyako313jp☆hotmail.co.jp
(☆を@に変えてください)

★DIe Lange Nacht der Museen 2018★

9月1日 19時30分ー23時30分 リートベルグ美術館

茶室一心庵 向 宗由 (裏千家教授)
無料 / 入場券整理券 会場インフォメーショ ンでお受け取りください。
向 宗由

★月見の茶会★

リートベルグ美術館向 宗由 (裏千家教授)

2018年9月24、25日 20時~21時30分
入場券 :www.rietberg.ch
8月販売開始
満月がテーマのお茶会です。
向 宗由

《Leeさん・JCZ共催 カラオケ会のお知らせ》

当会会員のジャネット & ケン・Lee 御夫妻がカラオケ大会にご自宅を開放してくださいます。日頃の疲れを歌って発散しちゃいましょう!

日時:6月16日(土)17 :00 ~ 22 : 00ごろ
場所:チューリッヒ市内 駅から徒歩6分、
駐車場あり
(参加する方々に後日ご連絡いたします)
募集人数:15名
備考:各自一品持ち寄りでお願いいたします。 (飲み物はJCZが用意いたします)
申込先:フレイ直子
naoko.frey☆bluewin.ch (☆を@に変えてください)

《Magritte, Dietrich, Rousseau 展 ガイドツアーのお知らせ》

Magritte, Dietrich, Rousseauの名前を 冠した展覧会。現代美術の発展に、抽象 絵画ばかりでなく、具象絵画も大きな役割を果たしました。具体的な風景を描きながら、創造の翼を働かせて、幻想的な 世界を生み出したり、超現実や無意識の 世界という新しい主題を開拓したり。 具象的な様式を踏襲しつつ、アバンギャ ルドな取り組み方をした様々な画家の作 品を、パウル・クレー・センター研究員 の柿沼万里江さんが情熱を込めて、案内 してくださいます。

日時:5月16日(水) 13:50 Kunsthaus入り口ロビー集合
ガイドツアー 14:00~15:30
定員:25名 参加費: 無料 (ただし美術館の入館料、大人16フラン)
申込:ヘッデストレム桂子
jcz-kikaku-k☆gmx.ch  (☆を@に変えてください)
申込締切:5月13日(日)

《ヒマラヤトレッキング体験談》

青砥会長のヒマラヤトレッキング体験講演に参加してきま した。趣味がご夫婦でハイキングというとても健康的で円満なご家族の様子がまず伝わってきました。

「そこに山があるから」と青砥さんが思っていらっしゃるかはさておき、奥様と世界中を散策されているそうです。スイスから 長旅の末、富士山の山頂辺りの標高の町にたどり着き、実際にハイキングをする前にまずやらなければならないことは何だと思い ますか? 答えは、「体力をつけるため、毎日10キロ走る!」では なく、「何もしないこと!」だそうです。というのは、少々大げ さですが、薄い酸素に体を慣らすために、数日は辺りをゆっくり 観光して回ったそうです。その町にある寺院は、日本人支援で建設 されたそうで、壁に書かれた日本語や、日本語の張り紙、かつて滞在されていたと思われる日本人僧侶の写真を見せてもらいまし た。こんな遠い地でも、日本人が活躍していたというのは嬉しい ですね。

青砥さんが宿泊されていた辺りの写真を見て驚いたのは、緑の多 さでした。普通だったら木々は茂っていないような標高ですが、 水が豊かなので生息しているのではないかということでした。 青砥さんの知人がアレンジしてくれたという宿泊施設は、おばさん が切り盛りされていて、 庭で育てている野菜でお食事を作ってく れたそうです。私の聞き違いでなければ、1泊の宿泊費は何と7フ ラン!

スイス在住者にとっては破格ですが、現地の人にとっては夏場の良 い収入源なのでしょう。また、 ヒマラヤトレッキングの一行の大 所帯にも驚きました。3度の食事の材料や用具、テントなどを運ぶ 馬や、身の回りのお世話をしてくれる現地の方たちをたくさん引き 連れてトレッキングが始まります。一行の一人でも脱落すると置い ていくわけにはいかないので、とにかく全員がグループ行動で行程 を全うしなければならなかったとのこと。全員が元気にゴールま でたどり着けて本当によかったですね。トレッキングをお世話してくれた現地の方が、穴が開いた粗末な靴を履いていらっしゃっ たということで、青砥さんが履いていたトレッキングシューズをお 土産に差し上げたというのも青砥さんらしいです。(講演予定時間をオーバーしていたので途中退席しましたが)また次の旅行記講演も楽しみにしています! (T.T)

《日常ドイツ語サポートサービス》

日頃ドイツ語がわからなくて困ってい ることはありませんか?JCZではそういった方々のサポートを行っ ています。ご利用になりたい方は、いつ でもメールでご連絡ください。

申し込み先:Japan Club Zürich事務局
zrhnihonjinkai☆hotmail.co.jp (☆を@に変えてください)
サポートの内容にもよりますが、10フラ ン程度をJCZへの寄付というかたちでお願 いしています。

《「若山牧水の短歌アンソロジー」出版記念会のお知らせ》

4月29日(日) 12時より 割烹温泉旅館 兎山にて
懐石料理の昼食と音楽の演奏もお楽しみいただけます。
講演:クロッペンシュタイン・エドゥアルド氏
(チューリヒ大学日本学名誉教授)

詳細はこちらをクリックしてご参照ください。

《4月29日(日)チューリッヒ美術館鑑賞会のお知らせ》

今回は、チューリッヒ美術館で現在開催されています、Visionaere Sachlichkeit展、素朴派Margaritte, Dietrich, Rousseau.から(ダリなどの)シューリズムまでの鑑賞会への案内です。

http://www.kunsthaus.ch/de/ausstellungen/aktuell/visionaere-sachlichkeit

 日時:429日(日曜日)朝10時半
学芸員 柿沼万里江さんの、日本語での案内です。
参加費:一人20フランを、現場で徴収させていただきます。
別に美術館への鑑賞料は、一人16フランです。各自で会計にお支払い下さい。MuseumpassReiffeinsenBankCard等は、無効です。
参加をご希望の方は、坪川まで、連絡下さい。

tsubo3☆hotmail.ch (☆を@に変えてください)

申し込みの後に、必ず、受付の返事を確認して下さい。

 今回は、個人的な「スイス探訪会」の企画ですので、どなたでも参加して頂いて構いません。どなたでも、気軽にお誘い下さい。同じく柿沼万里江さんによる同展覧会の鑑賞会をJCZの企画として、5月16日水曜日、14:00より予定しています。そちらの詳細はエーデルワイス5月号をご覧ください。

現在SBBで、同伴券38フランをキャンペーンとして提供しています。SBB1/2Abo所持者用の一月券か、1/2ABOの所有者用の一日券(通常2nd Class72フラン。インターネットでの割引価格もあり。)またはGAを、2ndでも1stでも、どちらかを持っている方と一緒に行動すれば、38フランの同伴券で同乗出来るというものです。Gemeinde発行の一日券、旅行者用のSwissTravelPassは無効です。ただし、旅行者用SwissTravel1/2Aboで購入した、SBB一日券は有効です。キャンペーンは、56日までです。上手にご利用下さい。

https://www.sbb.ch/de/abos-billette/billetteschweiz/tageskarten/mitfahrbillett.html